入院したときの生活療養

65歳以上の組合員又は被扶養者が主として長期にわたり療養を必要とし、療養病床に入院したとき、保険適用分については下記の金額が自己負担の上限となり、残りは入院時生活療養費として共済組合が負担します。

区分 額(居住費相当額と
食費相当額を合算すること)
居住費相当 食費相当
下記に
該当する方以外
低所得者
以外
入院時生活療養(Ⅰ)を
算定する保険医療機関に
入院している方
1日につき
370円
1食につき
460円
入院時生活療養(Ⅱ)を
算定する保険医療機関に
入院している方
1食につき
420円
低所得者Ⅱ 1食につき
210円
低所得者Ⅰ 1食につき
130円
病状の程度が
重篤な者又は
常時の若しくは
集中的な医学的
処置、手術
その他の治療を
要する者として
厚生労働大臣が
定める方
低所得者
以外
入院時生活療養(Ⅰ)を
算定する保険医療機関に
入院している方
1日につき
200円

(平成30年
4月~
1日につき
370円)
1食につき
360円
(平成30年
4月~
1食につき
460円)
入院時生活療養(Ⅱ)を
算定する保険医療機関に
入院している方
1食につき
360円
(平成30年
4月~
1食につき
420円)
低所得者Ⅱ 入院日数が
90日以下の方
1食につき
210円
入院日数が
90日を超える方
1食につき
160円
低所得者Ⅰ 1食につき
100円
指定難病患者 低所得者以外 1日につき
0円
1食につき
260円
低所得者Ⅱ 入院日数が
90日以下の方
1食につき
210円
入院日数が
90日を超える方
1食につき
160円
低所得者Ⅰ 1食につき
100円
境界層該当者 1日につき
0円
1食につき
100円

※ 「低所得者Ⅱ」とは、市町村民税非課税世帯の方または生活保護法に規定する要保護者となる方をいいます。
※ 「低所得者Ⅰ」とは、市町村民税非課税世帯の方または生活保護法に規定する要保護者となる方でかつ所得が一定以上に満たない方をいいます。 
※ 「境界層該当者」とは、生活保護法の要保護者となる方でかつ「低所得者Ⅰ」および「指定難病患者」の適用を受ける方として生活療養標準負担額について減額があれば生活保護法の規定による保護を要しなくなる方をいいます。