弁済限度額について

 生活に支障をきたさないよう計画的な借入れをしていただくために、年間の弁済額に制限を設けています。金融機関等から借り入れた分の年間弁済額(1年間に弁済する元金と利息の合計)と警察共済組合から借り入れた分の年間弁済額の合計が、年収額(税込額)の100分の25を超えるような計画では、お貸しすることができません。
 例えば年収が400万円であれば年間弁済額は100万円以内ですので、給料弁済のみの場合、弁済額は毎月83,333円以内となります。
 また、「金融機関等」には、カードローン、消費者金融、互助会、自動車ローン、教育ローン、個人からの借入れを問わず、全ての借入れを含みますので、申込み時にもれなく申告してください。