平成28年度 事業状況

7 組合が対処すべき課題

(1)  短期給付事業
  ア 適正な給付を推進するためのレセプト審査の徹底
イ 高齢者医療制度改革等における負担増への対応
ウ 番号法に基づく行政機関等との情報連携への対応

(2)

 長期給付事業
  ア 年金受給者の増加及び他の実施機関との情報交換等の新たな事務処理に
 対応するための年金事務担当者の養成
イ 年金制度改正への的確な対応及び電算システムの適切な運用管理
ウ 積立金の運用を取り巻く環境の変化への的確な対応

(3)

 保健福祉事業
  ア 生活習慣病対策及びメンタルヘルス対策に重点を置いた事業の推進
イ 特定健康診査及び特定保健指導の的確な実施
ウ 組合員の需要の変化を捉えた事業の推進