平成27年度 事業状況

7 組合が対処すべき課題

(1)  短期給付事業
    適正な給付を推進するため、一層のレセプト審査の徹底等に努めます。
 
(2)  長期給付事業
 
 複雑な年金制度及び年金受給者の増加に対応するため、年金事務担当者の事務能力の向上に努めます。
 また、適正かつ円滑な年金事務を推進するため、電算システムを十分に活用するとともに、適切な運用管理に努めます。
 被用者年金制度の一元化法を始め、各種年金制度の改正に関する事項への対応を的確に行います。
 
(3)  保健福祉事業
   生活習慣病対策及びメンタルヘルス対策に重点を置いた事業を推進していきます。
   特定健康診査及び特定保健指導を実施計画に基づき的確に実施して、メタボリックシンドロームの該当者及び予備群の減少に努めます。